寺院紹介

本要寺は、1756年(宝暦6年)浪速(現在の大阪市)の地に創建されました。第二次世界大戦にて本堂は戦災にあいましたが、本尊である愛染明王様を疎開することによって難を脱しました。
その後、ご縁があって昭和60年前に前住職谷口光明によって現在の三重県名張市に移築され、現在に至っております。

寺院写真
前住職
谷口光明

谷口 光明

  • ・真言律宗総本山西大寺 第七十世長老、第七代世管長。
  • ・昭和58年11月に藍綬褒章、平成6年11月に勲五等双光旭日章を受賞。
現住職

谷口 光正

  • ・昭和62年高野山円通律寺にて四度加行満行。
  • ・平成24年本要寺住職。
  • ・幼稚園2園 理事長・園長。